不動産は査定担当者の経験と勘で価格を決定する

不動産は査定担当者の経験と勘で価格を決定する 不動産の売却を検討する際に、仲介業者に査定を依頼すると金額がそれぞれ異なることに気づきます。
これは売却金額は必ずしも合理的に算出されるものではなく、様々な要素が複雑に絡んでいることが原因です。
不動産の資産価値がベースとなりますが、他にもそのエリアでの需給関係や立地の将来性、あるいは仲介業者の営業力も影響します。
そのために、査定額の算出には担当者の経験と勘が反映されることになります。特に地元で長く取引をしている担当者であれば、物件を見ただけでどの程度の金額で売却できるのかを瞬時に判断できるものです。
売り手と買い手の需給状況がどのように推移しているのかといったデータも、当然ながら考慮しています。また季節的な需要の増減といったものも計算に入れています。
そのために、まずは査定額を出してもらう際には、その根拠を聞いてみることも大切です。単に地価の変動や物件の築年数以外に、どのような要素を加味しているのかを確認することが大切です。

不動産総合データベースとは?

明治の古民家不動産を飲食店やホテルに 不動産総合データベースとは、宅地建物取引業者の業務効率向上や情報の透明化を主な目的として、不動産の取引において必要とされる情報を1つのデータベースに集約し、取引の中で必要な場面になったときにスムーズに物件探しをしている人に情報提供をできるようにするシステムのことで、国土交通省が導入に向けた準備をすすめています。
不動産総合データベースの構築に関する事業は2013年度から本格的に開始されました。
初年度はシステムの基本構想について検討が重ねられ、結論は2014年3月にとりまとめられました。
これを受けて2014年度は横浜市の協力を得てシステムのプロトタイプの開発を行い、完成後の2015年6月から横浜市で売買されている物件を対象に試験運用を開始しました。
2016年10月には運用対象地域に静岡市、大阪市、福岡市の3自治体が加わりました。基本構想では、このシステムの本格運用開始時期を2018年度からとしていますが、2016年度も試験運用が引き続き行われたことから、本格運用が出来るようになる時期は計画より遅れるとみられます。

新着情報

◎2022/10/5

情報を更新しました。
>所有している不動産物件の価値を鑑定士に相談
>不動産管理会社に就職をする方は職種を理解することは必須です
>不動産を売却する時の目安となる机上査定とは
>不動産はインフレの影響を受けると価格が高くなる
>不動産業を営むには国の認可が必要となることに注意

◎2017/12/20

不動産取引の流れ
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

不動産契約時の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

不動産へ転職時の役立つ資格
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産総合データベース
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家再生
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産での賃貸物件借り方
の情報を更新しました。

「不動産 経験」
に関連するツイート
Twitter

不動産投資コンサルティングは十分な経験を積んだ広範な知識があるプロでないと個別的アドバイスは無理』 ⇒

ZEH物件に関わる業務委託を開始。既存BPOの経験を活かし、手間のかかる運営管理をサポート。

返信先:初めまして私はホスピ卒業生です! 進級要件厳しすぎですよね。 座学多くて 実践的な経験は進級しなきゃできない 進級要件は各学部やめた方が良いなって卒業してから感じました。 不動産って宅建取れなければ留年でしたよね 明海大学、いいところあるけど惜しい

副業や複業など国も薦めている が皆さんの周りで本当に副業してる人いますか? 私の周りには不動産投資してる人が少しいるくらいで副業してる人はほぼいません やった方が多角的にスキル習得になります 何事も経験

前も週刊誌ネタにもならない噂のみを振りまいている人が居たから「それは違うよ」って指摘したら「デモデモダッテ!」で「会社等の経営経験不動産売買の経験は?」って聞いたらスルーされたからねwwwwwwwwwww